9月27日(金)にエキスポセンターの方にお願いをして移動プラネタリウム鑑賞をしました。
準備をしているようすを覗いて子どもたち。ホール(遊戯室)いっぱいに広がったドームに子どもたちは期待を膨らませていました。

今年の年長児は宇宙や星に興味をもっていることから、夏のお泊まり保育で2台の天体望遠鏡を使って星空観察をしました。
そして、今回は実際に園の中でプラネタリウムを見せていただきました。


「今日の一番星は木星です」という係の方のお話に、「見たことあるよ」との声。
お泊まり保育の時にも一番最初に見えた星が木星でした。

普段の会話の中で「プラネタリウムを作りたい」という話しが出ていましたが、全員の共通経験ではなかったことからなかなか手掛かりがない状況でした。今回の鑑賞を終えて、保育室ではプラネタリウムづくりにも進展があった様子です。
「ドームに映す」という意見と「光る絵の具で描く」という意見が出る中で、とりあえず保育者より蛍光塗料。(もちろん安全なものです。)の注文の依頼がありました。子どもが使いたいとなったときのために準備はしてありますが、果たしてどのように展開していくのか…。
続きが楽しみです。

エキスポセンターの皆様ありがとうございました!